わたしの両親が離婚しないのはなぜだろうか

もう長いこと両親が笑いあっている姿を見ていません。もう…20年近く。小学校高学年の時、家に帰ったら両親の仲が突如として悪くなっていました。その時は「はてな?」という感じで終わりましたが、後に彼らの仲を決裂させる決定的な出来事が起こりました。
父の多額の借金が発覚したのでした。母、発狂。母が車を売り、親戚に頭を下げお金を集めてすぐに完済はできたものの、母は父に対して不信感を抱くようになりました。それだけでなく過剰な被害妄想も始まり、父に殺される…と毎日私に泣きついてきました。家庭の雰囲気は最悪。
わたしはこんな家庭環境から、家族が大嫌いになりました。中学卒業時の両親への手紙を書くことになった時は「早く離婚すれば?」とひとこと。

その後父と母は別居を開始しましたがあれから10年以上経ったいまでも彼らは離婚していません。長年連れ添ったが故の愛着なのか、はたまた世間体を気にして別れられないのか…私には理解できないけれどあんなできごとがあったというのに彼らは未だに家族で夫婦なんだ。酵素ドリンク 取扱店舗

小児科は付和雷同的に同じところに行きます

予防医療というのがあるようです。大切なことだと思います。病院に行くなんて、年寄だと思っていると、一気にひどくなってしまうようです。おかしくなくても、健康診断よりも、かかりつけの病院を持ったほうがいいようです。相談できるのが良いところです。
一機ですよね。年寄になってしまうことが嫌で、みんな隠さないといけなくなります。特に若作りの奥様はそうです。
また、病院も敷居が高かったりします。いき始めると、何でもないのですが、はじめはそうです。最初さえクリアできると、うれしそうに、通ったりするのです。不思議です。出だしが一番おっくうです。そうなると、口コミで、ほかの人のいっているところに行ったりするのです。安心感からです。
小児科は特にそうでしょう。付和雷同しがちな分野です。そこに行かないと、子供は治らないような錯覚にさえ陥るのです。不思議ですね。特に、子供の多い土地はその傾向が強く、猫も杓子も行ったりします。